【ダイエット】サウナに挑戦~2回目~ 多分、整うとはこの事かな?

サウナ
スポンサーリンク

 こんにちは、satoです。去年は生まれて初めて、意識してサウナに向き合いました。そこから約4ヶ月が経過している今、ここ何年かで一番体が重くなってしまいました。運動で結構筋肉痛があったりして、銭湯にでも行きたいなーと考えていたところ「そういえば近所にもサウナあるじゃん!」と思い、行ってみた感想を書きます。

スポンサーリンク

1. 5kmほど走った後で、銭湯(サウナ付き)に。

 まずは日課にしている運動。近所を5kmほどジョギングして、午後2時くらいから銭湯へ。いやー、真昼間に銭湯に入るのは、本当に気持ちがいいですね。

まずはきちんと体を洗って、湯船にゆっくりと浸かる。うーむ、気持ちいい。

いつもは賃貸アパートのお風呂なので、銭湯の広いお風呂は開放感があっていいですね。しかも温度が少し高め。熱めの風呂が好きな私にぴったりです。

さて、ここの銭湯は初めてなので、少し様子を見ます。

湯船に浸かりながらサウナを観察していると、約10分に一回程度で、人の出入りがありました。サウナの概観から推測すると、そこまで中は広くないことが予想できます。

「となると、中に入れる人数は、4人~6人くらいかな?」

「お尻に敷くやつは借りれるみたい」

サウナのドア開けて、満員だったら恥ずかしいので、こんなカンジで自分なりに推理しつつ笑

サウナから2人出たタイミングを見計らって、入れ替わりに入りました。推理は大体当たっていて、最大6人でサウナを楽しめる広さでした。そして壁にはサウナ時計が。

12分で1周する時計ですね。10分程度で人が入れ替わっていたのは、この時計を見ていたからでしょう(意外と高いんですよねこの時計。まあ家では使わないでしょうけれど)。

2. 初見のサウナ。じっくりと汗をかく。

 サウナ時計の一周12分を目標に、サウナで汗を流します。半分ほどの時間が経ち、だんだんと汗が滴り落ちます。

顔を上に上げると、熱気で苦しくなってくる時間。顔をタオルで覆ったり、顔を下に向けて熱気をやり過ごします。一緒に汗を流している方々は、常連の方なのでしょう。暑さにはかなり強そう。涼しい顔で世間話をしていました。

頑張ってみましたが、10分で限界。サウナを出てシャワーで汗を流します。

荒田はしっかり洗ったはずなのですが、一回目のサウナで噴出した汗は結構ヌルヌル。前回温泉でサウナに入ったときにはこんなにヌルヌルの汗はかかなかった気がするんだよな、、、。

3. ヌルヌル汗の正体は!?

 これについて、調べてみました。どうやら、人間の体にある「汗腺」は2種類あるようです。それぞれ、「エクリン腺」「アポクリン腺」というもの。

3-1. エクリン腺

 エクリン腺は、全身のほぼ表面に存在する汗腺で、主に体温調節のために汗を出す役割を担っています。、分泌される汗は無味無臭です。

運動によって汗をかくのはこのエクリン腺です。体温調節を行うのに必要だからです。

3-2. アポクリン腺

 アポクリン腺は、ワキの下や下腹部などど、特定の場所にある汗腺です。ここから出る汗は白濁していて、脂質やタンパク質などニオイのもととなる成分を含んでいます。元々これはフェロモンの役割を持っていたとも言われています。

3-3. ヌルヌルドロドロの汗は、アポクリン腺から!

 急激な体温調節を可能にするエクリン腺は、すぐに汗を放出してくれますが、アポクリン腺はそうはいかないようで、時間をかけてゆっくりと汗腺が開くという特徴があるようです。

じっくり体を温めた結果、老廃物を含む汗が、アポクリン腺から出たということですね!定期的にドロドロ汗をかくことで、美肌効果も期待できるようです。

4. 水風呂を初体験!これが「羽衣」、、、というものか

 サウナで十分体を温めた私。前回は怖くて出来なかったけれど、今回は水風呂にでも入れそうです。事前にちょっとだけ調べましたが、

「勇気を出して水風呂に入るのであれば、浸かった後に30秒ほど身動きしない」

と何かに書いてありました。勇気を出して実践です。

「!!!」

冷水で体が一気に冷やされます。幸い、体に異常はなかったので(異常を感じたらやめましょうね)、そのまま30秒ほど固まりました。

すると、不思議なことが。

「冷たくなくなった。というか、ぬるく感じる」

この現象は、通称「羽衣」というらしい。皮膚表面で温められた冷水が膜のように体を包むからなのでしょうか。不思議です。とはいっても、ちょっとでも動くと羽衣がどこかに行ってしまって冷たいんですけどね笑

暑さでぼーっとした頭が、スッキリとクリアになったところで水風呂を出て、水分補給。かなりいい感じです。

5. 休憩したら、なんとも言えない感覚に。これが「ととのう」ってこと?

 本当は休憩を「外気浴」でやることをおススメしている方が多かったので、私もそうしたかったのですが、あいにくここには外の空気に当たれる施設はありませんでした。そこで、銭湯のふちに座って、足湯しつつ休憩することに。すると、なにか変な感覚に。

「頭がボーっとしているわけではない。のぼせているわけでもない。体がかなりリラックスしている。覚醒しているような、眠いような、何か不思議な感じ」

上で書いたような感覚に陥りました。本当はあと何回かサウナと水風呂を往復したかったのですが、体がリラックスしすぎて暑さに耐えられそうになかったので、ここまでに。多分、事前に運動したこともあって疲れが出たのかもしれません。銭湯を出て、十分水分を取ってからしばし休憩。体が十分動くことを確認してから、車で家まで帰りました。

 あの感覚は初めてのものだったので、「ととのう」という体験だったのかどうか、まだ定かではありませんが、多分そうなんじゃないかと思います。詳しい方、教えてください笑

6. これからも定期的にサウナに行くことを決意。体の調子がいい。

 これからも、週末とかに定期的にサウナに行こうかなと思っています。恐らくまだまだ老廃物が体から出るでしょうし、サウナ→水風呂のコンボがかなり気持ちよかったので。体調もいい(様な気がする)ですし。サウナについてももっと調べて、楽しいサウナライフを送りたいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました