【子育て】たまごクラブ デビュー!!

子育て
スポンサーリンク

 ちょっと記事が前後してしまいましたが、今年の夏から「たまごクラブ」デビューしています。子どもを授かってから→生まれて→子育てをするまでに10ヶ月ほどあるんですよね。その間に、子どもが生まれてくる準備をする必要がありますが、初めて人は何をしていいかわからないわけです。そんな人のためにあるのが「たまごクラブ」という雑誌です。

スポンサーリンク

1.たまごクラブってどんな雑誌?

 たまごクラブは、株式会社ベネッセコーポレーションが出版している、「妊娠・出産のバイブルマガジン」です。毎月15日発売で、妊娠月刊誌業界ではナンバー1のシェアを誇るようです。赤ちゃんが生まれるまでに何をすべきか、様々な情報を網羅している雑誌です。

 妊娠中にやること、体調の管理、イベントなどの作法、、、知らないことだらけな子育て初心者にとって、バイブルのような存在だと思います。以前記事にした安産祈願についても、この雑誌で知りました。

【子育て】安産祈願というイベントがあるらしい。
  日本ではどうやら、子どもを授かったら「安産祈願」というものをするというのを知りました。もちろん「たまごクラブ」で。たまごクラブ最高。1.安産祈願って何でしょう? 調べてみると、どうやら「...

 因みに9月号の定価は750円でした。

2.ついでに9月号のレビューします。

 せっかくなので、レビューでも。9月号の特集は、

夫と読む 妊娠12週~40週の見通しガイド
1.妊婦の「体の変化」と「気になるトラブル」
2「.生活」と「仕事」、どうする? お手本スケジュール

 でした。この中で、「夫と読む 妊娠12週~40週の見通しガイド」は妻と一緒に読みました。

「この時期は、妊婦の体調がこうなので、夫はこんなことをサポートしてみたら?」といった内容の記事で、何もわからない男性の立場にも、一緒に参加しやすい入り口を作ってくれています。現代は、昔のように「子どもは妻が生み、育てるもの」という風潮はもはやないに等しく、むしろ夫が子育てを手伝わない家庭ってあまり無いんじゃないかなと思ったりします。

 参加したいけど、何をやったらいいのかわからない、、、。そんな夫の皆さんは、この雑誌を妻と一緒に読むことから始めるといいかもしれません。(といっても私も全くの素人なので、偉そうなことはいえないですね笑)

 他には、綴じ込み付録で

出産準備グッズ
お買い物チェックシート

こういったものがありました。これはかなりためになる記事だったので、別記事で載せたいと思っています。子育てはお金がかかるのね、、、。

【子育て】赤ちゃんが生まれるまでに、だいたいどのくらいお金を用意するべきか(個人的まとめ)
 こんにちは、satoです。来月には安定期に入ります。そろそろ赤ちゃんのために少しづつ、なにかしら用意していく必要があります。また、ママが出産前後に病院へ入院するため、その費用も用意しておく必要があります。今回は個人的に、いくら必要なのか...

3.情報を夫婦でシェアすることはとても大事、だと思う。

 

実際に出産するのが女性の役目であるのは事実で、男性が替わってあげることは出来ません。ただ、出産すること以外のことは大抵、男性でもできることばかりです。女性が体験する出産の苦しみは相当なものだと思いますので、できることはやってあげようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました